HOME>オススメ情報>ビフィズス菌は大腸フローラを整えるために役に立つ

利用目的は大腸の酵素を良い状態にするため

大腸が全身の健康に大きく関係していると認識が広がっていますが、その大腸の健康とビフィズス菌サプリの関係というのは大腸フローラと呼ばれるものです。大腸フローラというのは簡単に言えば大腸にいる微生物の集合体で、大腸が分泌する消化酵素に負けないように仲間同士が集合して身を守るために存在します。大腸フローラには2種類存在し、ビフィズス菌や乳酸菌を代表する善玉菌と大腸菌などを代表とする悪玉菌があります。これらの細菌類は、常に増殖を繰り返しているのですが悪玉菌は善玉菌に比べて速度が速いのです。そのため増殖スピードの違いによって、人間がしっかりと善玉菌が増える環境を作ってあげないとすぐにバランスが崩れてしまいます。

食品で吸収しても消化酵素で大半がやられる

ビフィズス菌サプリが存在する理由は、実は大腸に届くビフィズス菌の量というのは意外に少ないからです。基本的にビフィズス菌を摂取するためには、ヨーグルトや味噌などの発酵食品を食べることで体に入ります。しかし先に言ったとおりに大腸に届く量が少ないのは、大腸に届く前に胃や小腸の消化酵素の影響を受けてしまうからです。これらは酸が強く生きたビフィズス菌の活動を弱めてしまい、もちろん弱ったビフィズス菌も効果がないわけではないですがやはり生きたものに比べると半減するのは否めないです。

胃酸で溶けないようにすることで届く

大腸の中にいるビフィズス菌の数を増やすためには、直接生きたビフィズス菌を送り込んであげることが最短で効果を発揮します。そのために販売されているのがビフィズス菌サプリであり、これはビフィズス菌を専用のカプセルに入れたものです。この専用のカプセルというのは胃酸や小腸の消化酵素を分析して、かなりの量がカプセルに触れても解けないようになっています。そして胃と小腸の消化酵素で解けなかったカプセルは、しっかりと大腸に行き届くと大腸の消化酵素で溶けるようになっているのです。それによって生きたビフィズス菌が大腸に届き、これが大腸フローラを形成することで便秘解消から免疫力向上につながります。

広告募集中